いびきと咽頭の病気

児玉式いびき改善プログラム

自分で出来る 8分間!児玉式いびき改善プログラム
www.ernny.com/ibiki/


いびきと咽頭の病気

咽頭(鼻腔・口腔から喉頭・食道の入り口までの部分)の病気が原因でいびきをかく場合があります。
例として、リンパ線が腫れたり、食物を飲み込むと喉が痛くなることがあります。


普段はいびきをかいていない人が、風邪をひいたときにいびきをかくことがあります。
風邪をひいたときに急性咽頭炎になることがあり、これが原因でいびきになることがあります。
この場合は風邪薬・抗生剤・うがい薬で治療を行います。
風邪が治るのとともに、いびきも治まるでしょう。


他には、へんとう肥大があります。
へんとう肥大の場合は、風邪のように簡単に治らないことも多いです。
場合によっては、へんとう部の摘出手術が必要になることも。
しかし、発熱を繰り返したり、呼吸が止まるようないびきをかかないのであれば、早急に手術を受ける必要はないでしょう。

また、へんとう肥大は子供のいびきの原因で最も多いと言われています。
口の中を覗いて見て、喉が赤く腫れあがっているようなら、へんとう肥大かもしれません。


これら以外の咽頭の病気には、咽頭ガン、声帯ポリープ、喉頭ガンなどがあります。
いびきで呼吸が止まっているようなことがあれば、耳鼻咽喉科で診てもらうと良いでしょう。

カテゴリー:いびき防止