睡眠時無呼吸症候群について

児玉式いびき改善プログラム

自分で出来る 8分間!児玉式いびき改善プログラム
www.ernny.com/ibiki/


睡眠時無呼吸症候群について

いびきの中でも問題になりがちなのは、睡眠時無呼吸症候群です。
日本には約200万人の睡眠時無呼吸症候群の方がいると言われています。
睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと心臓病や脳血管の障害をひきおこす可能性があるので注意が必要です。
しかし、自覚症状がないのが特徴で、自分ではなかなか気付きません。

自分では気付けないので、一人暮らしの場合は、深刻な問題であるとも言えます。
次のような場合には睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。
・夜ちゃんと寝ているのに、昼間眠くなることがよくある
・仕事中や運転中などに、強い眠気がおそってくる
・肥満気味である
このような条件に当てはまる場合は、睡眠時無呼吸症の可能性があります。

先程も述べましたが、睡眠時無呼吸症候群を方っておくと、重い病気を引き起こすことがあります。
それを防ぐためにも、早いうちからいびき防止の方法を見つけなくてはいけません。


喉や鼻に障害がある場合、外科手術によるいびき防止方法があります。
それらに障害がない場合は、CPAP療法といういびき防止の治療法があります。

CPAP療法

CPAP療法とは、鼻にエアチューブの付いたマスクを装着し、空気を強制的に送り込む方法です。 いびきはもちろん、無呼吸状態もなくなります。


もし睡眠時無呼吸症候群かなと思ったら、まずは病院で検査を受けましょう。
呼吸器系や耳鼻咽喉科で相談してみると良いでしょう。
検査では、いびきや呼吸停止の有無、脳波、血圧、心拍数などのデータを記録するため、1泊の入院を必要とします。
料金は病院によって変りますが、約2万円ほどです。

カテゴリー:睡眠時無呼吸症候群