睡眠時無呼吸症について

児玉式いびき改善プログラム

自分で出来る 8分間!児玉式いびき改善プログラム
www.ernny.com/ibiki/


睡眠時無呼吸症について

十分な睡眠時間をとることは、健康な生活には欠かせません。
しかし、睡眠時間が長いだけでは十分な睡眠とはいえません。
毎日8時間の睡眠をとっていたとしても、いびきをかいていれば十分とは言えないかも。

いびきをかいていると睡眠は浅くなります。
つまり、いびきをかいている人は慢性的な睡眠不足状態の可能性が高い。

また、睡眠時無呼吸症なら問題はより深刻です。
大きないびきが繰り返しているうちに、突然いびきが止まって静かになり、しばらくしてからまたいびきが繰り返される。
こんな指摘をされたことはないでしょうか?
もしあるなら、睡眠時無呼吸症の疑いがありです。

睡眠時無呼吸症

7時間の睡眠中に、10秒以上の呼吸停止が30回以上繰り返す状態を睡眠時無呼吸症といいます。 睡眠時無呼吸症の恐ろしいところは、本人に自覚がないことです。 家族が同居していないと、なかなか気付くことができません。 もしかしてと思う方は、いびきを録音してみるのも1つの方法です。


家族と同居しているなら、いびき防止のために手伝ってもらうのが良いです。
口をあけて寝ているときは、横向きに寝かしてみるとか、頭の位置を変えてみるのもいびき防止の方法です。

それでも、いびきが続くなら、病院で検査を受けることも考慮に入れたほうが良いでしょう。

カテゴリー:睡眠時無呼吸症候群